上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今年4戦目にして最終エントリーのブルベに参加してきました。


@嘉麻市稲築スポーツプラザ


嘉麻市という名称はどうにも馴染み薄いのですが、稲築町といえばあぁなるほど、赤ベルのサクソフォンカルテットですよね!と私的には急に親近感を感じてしまいます。。
現在も活動なさっているのでしょうか?

10月8日に開催された南日本音楽コンクール、予選を通過したので出発前にしっかり練習してきました。

今回もナビはiPhoneのアプリ「 ルータン」を使用。サイコンはedge510J、あとキューシート。
キューシート用照明に百均で買ったハンドルに巻きつけるLEDライト

トップチューブバックにモバイルバッテリーを2つ。
iPhoneのバッテリー消費って異常ですよね、いくつ用意していても不安です。


14時スタート、27人出走だったとのこと。
快晴で気温も高く、出走前に身に付けておいたレッグウォーマと防風インナーは取り外してサドルバックの中に。


この前掛けタイプの防風インナー気に入ってます(^^)


さて、

スタートしてから暫くは集団の最後尾で楽します。



この日のウェアですが、インナーにミズノの長袖ブレスサーモ(汗冷え対策)、ビチクリスタの半袖ジャージ&ビブショーツ、それにアームカバーと指切りグローブ。
サドルバックに前述のインナー&レッグウォーマ、春~秋シーズン用長指グローブ、同じくパールイズミのポケッタブル式ウインドブレーカーを用意しました。
出発前にユニクロのウルトラライトダウンにも手が伸びたのですが、さすがにそこまで寒くないだろうと、まあ普通は思いますよね。
…(涙

こんな感じです


16:36@PC1 大分県ファミリーマート中津北店

出走前にコンビニで買ったカルビ弁当を食って、このPCではイベリコ豚丼を食べる。



せっかく中津に来たのですから美味しい唐揚げとか、軍師官兵衛で一躍注目の中津城を一目とか思わなくも無かったのですが、後半の山越えでの貧脚露呈を見越して平地でのタイムを稼げるだけ稼ぐしかありません。





国東半島・走水峠越えから夜間走行開始ですが、とりあえずウェアはそのままでリスタートします。

海を見てテンション上がるのは内陸部住みの仕様です(`・ω・´)キリッ

夕闇が迫ってきています。


ライト周りですが、メインが前輪ハブ軸に装着したHL-EL540(単三4本eneloop)ハンドル下にアクセサリーバーを連結してGENTOS閃 355(単四4本) HL-EL010(単三1本)




ヘルメットにヘッドランプHLX-339(単三1本)




このヘッドランプが結構重く、頸にいつもと違う負担を感じます。
確か長崎300kmの時も同じこと感じてたんだと思い出したけれども、もはや後の祭りってやつです。

今回のブルベ、前半は平坦基調なのですが、中盤以降最後まで5つの山越えが次々に待ち構えています。
最初にエントリーした2月は怖いもの知らずだったのも手伝って何も考えずの事でしたが、経験もある程度重ね、腰痛から十分に走り込みも出来ない最近の有様では不安ばかりです。



「 こんなの有るって聞いてないよ!?」と知らない誰かを呪う勾配12%の坂道


激走する俺w@あとちょっとで頂上って付近

下り始めてすぐ感じる寒気、トンネルの手前で防風インナーを腹に仕込みます。
これでなんとか凌げるかなと甘い考えは打ち砕かれ

凍えながら大分県国東市のPC2に到着

カレーライスと唐揚げを二個。

ここでレッグウォーマを装着。


@PC2セブンイレブン国東鶴川店

ここからしばらく海沿いを走り別府市のAPU坂へ。

APUって何だ?
立命館アジア太平洋大学の略称でした。

長いしキツいし、この坂が一番堪えましたね。

東九州道を使って大分方面に出かけるときは誰もが休憩に寄るであろう別府湾SAの真横を通って更に安心院のアフリカンサファリまで。

かつてデートで2回ほど来たなあ、別々のお姉ちゃんと(遠い目)

感慨はそこそこに、とにかく寒いので、そろそろ頂上かと思われる手前で最後の防寒着・ウインドブレーカー着用

頂上で泣く子も黙る荒玉・水曜会の人らとコーヒーブレイク、オリオン座と流星がよく見えました。



先行して下り始めますが、薄っぺらのウインドブレーカーなど屁のツッパリにもなりません、本当に死ぬほど寒い。

すぐに立ち止まってグローブを長指に変えます。
その間に水曜会の三人に抜かれますが、またすぐ引き返してくる三人に遭遇。

「あれれ??」

「サイコン落としました~」

それはお気の毒だと思いつつ、非情にも一人で先に下ります。
こういうときは自分も引き返して一緒に探すべきじゃないの?なんて反省チラチラ頭を掠めますが、わたくし重度の人見知りでして…。

そんなこんな思い巡らしながら走っていると道端から、カサカサカサカサ

ん?!

うーーー、グギャンギャンギャンgyナワンワンッ!!

inuinu.jpg


怖えぇぇぇぇぇーーなんなんだヨォォォーオ~!

こんなところで犬に襲われ追いかけられるとは一体何の罰ゲームですか?!

どこにそんなパワーが残っていたのかって位のスピードで逃走、しばらく追いかけられる

なんとかPC3ローソン安心院店に到着すると、もうやだ…いかにもヤンキーのロケットカウルな単車が2台

犬に追いかけられた後にヤンキーにまで追いかけられたらやだな…
ローソンの生パスタを飲むように食す。
念のためにモバイルバッテリーを1つ購入。

先発する水曜会の方々を見送り、ヤンキーが無事に立ち去ったところで、後続者1名到着。

軽く挨拶交わして、ゆったり一人旅の始まり。

前方に目を凝らしても、後ろをじっくり見返しても誰もいません。
車も通らず、私だけの世界。

耶馬渓へ続く道は真っ暗闇。
あのカーブの先に髪の長い白い女が立ってたらどうしましょう(;_;)、なんて妄想がモクモクと止まることありません。

登りはホラー妄想、そして下りは寒さとの戦い。1人ではありますが結構な忙しさですw

チェックポイント手前で先行3人とすれ違いご挨拶。
少しは温たまるかとカレーヌードルとオニギリを補給。
この頃から味覚がおかしくなって、ただ不味いだけ。
普段はコンビニ弁当なんて一切口にしませんからね…

安心院のローソンで会った後続の方ともここで合流。


@ローソン本耶馬溪店

わたしはゆっくり走ると決めてたので、後から来た方をお見送りして、更にコーヒー飲んでから出発。
待っててもそれ以上誰も来る気配なし。

このあと日田へと続く大石峠越え。
眠気は無いが視力が落ちてきます。
道路の電光掲示板が気温7℃を表示していますが、もっと寒い感じ。

日田から福岡県朝倉市杷木町のPC4まで、またまた誰の姿も見ることはありませんでした。


@PC4 セブンイレブン杷木店


ここでまた先行の1人と合流して、少々会話してお見送り。
最後の補給に、ネギ塩豚丼麦飯弁当買いましたが、体調のせいでしょう不味く感じて半分残しました…

この後、ラスボス登場!最後の嘉麻峠越えです。
この坂もきつかったですけど、だんだん日も登って頂上に着いた時はこれで終わった\(^o^)/と気分爽快でした。

あとは嘉麻市スポーツプラザへ向かう一本道を下るだけ。

自然に鼻歌が出るのは当たり前でしょ

カーマカマカマカマ嘉麻に着いたよー♪

カルチャークラブは飯塚出身の英国ロックバンドですって?ww

8065kcal消費!ほぼ予定通りの7時25分ゴール

ライト用に予備の乾電池も準備していましたが交換することはありませんでした。

17時間25分、お疲れ様でした!

スポンサーサイト
2014.10.20 Mon l 自転車 l コメント (4) トラックバック (0) l top
7月末に腰を痛めてからというもの満足に走り込みも出来ぬまま、久しぶりのブルベに参加。


今度の週末に大事なイベントを控えており、そんな時にブルベだなんて頭おかしいんじゃないかしらと自分で思うんですけど、今回のコースはかつて住んでいた福岡市内、それも城南区縦断ルートが含まれている。

大学の部室の道沿いとか、住んでいたアパートの近くとか当時の生活圏内だったのですよ。
200kmという気楽さも加わり、自転車で思い出探しなんぞやりたいなあ、なんてね。

いや、単に長距離を走る理由が欲しかっただけなのですが。


今回のニューアイテムはシマノの調光アイウェア。
トンネルの中や夜道でも安全安心。



Pioneer製ポタナビがご臨終で、初めてルートラボのデータをスマホで見ながら走行することにしました。
ルータンというルートナビに特化したアプリがあるんですが、どういうわけか今回のルートが表示できません。

ルートナビって常にノースアップなのですけど、進行方向を上に持って行く方法って別にあるんでしょうか?

実際、見間違えてコースアウト、お二方を道連れにしてしまい大変失礼しました。

さて、当日は4時起床、5時半出発。
7時ちょっと前にスタート地点である太宰府市某所に到着。

エントリー総数が80を超えているとのことで沢山の人が集まっています。
見知った人がいるかしら?と見回してみたけど誰も居ない。
いえ、それがいいんですよ、気楽で



8時、結構早めの組で颯爽とスタートします(画像いただきました)
今年1月にあった熊本200kmの記録を参考に、トータル10時間、午後6時頃のゴールに目標設定。





今回の難所、三瀬峠からトンネルを抜け唐津、虹ノ松原へ。わたしの前にも後ろにも誰もいません。
まさに理想の形w





橋の上から、海に突き出した唐津城を右手にいい景色!
ここで一枚写真をと思いましたが潮の混じった横風のきつさで断念。

PC1に到着、普段なら絶対に食べないハイカロリーな弁当・ソースカツ丼を頂きます。



そこからまた登りなんですけど、登ってはちょっと下り、また登ってはちょっと下り、またまた登ってはちょっと下り…途中にクイズポイント



このバス停の名称をゴールの時に答えるのが任務。
ま、まん?まんごし?ま、ま、まんえつ?
正解は「みつこし」

鷹島に渡る橋に「風速12m 」の電光表示を見て気を失いそうになりつつ、折り返し地点・有人チェックポイントに到着



ここから再び唐津市内に戻り海岸線を走ることになるのですが、これからが地獄の始まりで

巨大な扇風機を前に吹き飛ばされないように立ち踏ん張るコントがあるじゃないですが、まさにアレ!

ゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!

イメージの中では、すでに台風18号は九州のはるか東に抜けてるとばかり思ってましたが、台風上陸して無理やりテレビ中継に出る馬鹿なレポーターの如く、自転車は右に左と風に流され、さっぱり前に進みません。
道路脇に生える草は風に薙ぎ倒されて90度に曲がったまま。

そして砂嵐。口の中にまで容赦なく入ってきます。
砂かけ婆あの攻撃ってきっとこんな感じですよ。

ズバババババーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!

途中の休憩所で先に到着していたグループの会話

「 身の危険を感じる」「リタイヤすべき! 」「タクシー呼ぼう 」

心が折れます。

治りそうにない天候を諦め、意を決してリスタート

有人チェックポイントから第2チェックポイントまでたった25kmしかないのに1時間50分も掛かってしまいました(ー ー;)

そして第3チェックポイントに着いた時は、予定では既にゴールしているはずの18時ちょっと前。



いやぁ、今宿から梅林にかけて、本当に変わったねぇ

かつて毎日通った大学の部室の灯りを見たときはなんとも言えぬ気持ちになりました。



この辺りから元気回復、あと100kmは走れそうな勢いで予定より2時間遅れ、20時6分無事にゴール
50数名の完走者のうちの30番目、かな?



景色の良いところで色々と写真撮りたかったんですけど、そんな余裕はまったくございませんでした(´;ω;`)

2週間後の18日に300kmのブルベが待ってます。
これ、2月に開催予定だったものが雪で延期になってしまい10月18日に振り替えられたもので、2月にエントリーしていた人は自動的に出場登録されてます。

どうでしょう…どうかなあ。
山登りは苦手なんだって今回痛感したし。

とにかく今週末の結果次第ですね、頑張ろう。

2014.10.06 Mon l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。