上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今度の金曜、仕事終わってから最終便のANAでお江戸に参ります。
初B787です\(^o^)/

28日土曜日、埼玉県草加市で開催されるサクソフォン交流会に出演いまします。





私はSaxophone Quartet 夜叉のソプラノ奏者として出演いたします。

交流会には一昨年1度個人参加して、今後はもう参加しないつもりでした。
そんな私ですが昨年の交流会が終わってまだ間もない時期に、一緒にカルテット組みませんか?と誘ってくださる方がいて二つ返事で承諾した次第です
(その方のことが大好きだったのと、いろんな意味で凄いメンツだったので(^^;;

最近飲むと最後まで持たず寝落ちしてしまうんですがw、今回の打ち上げはホテルに這って帰る覚悟で臨みます

体調管理はしっかりやっとこう!

帰熊は翌29日19時のANA。
お昼までは飲んでても大丈夫なはず!


気がかりは、金曜はホテルに着くの午前零時過ぎなんですよね…飲み屋開いてるかなぁ

…私ってダッパーのなんかのメンバーでしたっけ??






スポンサーサイト
2014.06.22 Sun l 音楽活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今頃かよー!という突っ込みは無しでお願いします m(._.*)m


@大阪市北区・大淀コミュニティセンター


神戸へレッスンに通うようになってもう5年。

レッスンのためだけに行くのも勿体無いし、他に何か目的が出来ればいいなと思っていた頃、FGサクソフォンクラブという団体に誘っていただき、昨年12月のりんくうタウンコンサートに引き続き、5月4日のスプリングコンサートにも出演してまいりました。



ソロまで吹かせてもらって、バンドをバックになんて最早こういう機会はないと思ってましたので、なにかと感慨深いものがありました。


なんの柵も無い土地で気ままに参加させていただいていること、本当にありがたいと思っております。

わたくしも何か貢献しなきゃならない。
出来ることと言えば…たぶん、テクニカルなアドバイスをこっそり横に座っている人に囁くくらいでしょうけど、あたし教えるの下手だもんなぁー

素面のとき、別に怒ってるわけじゃないですからねw



昨年12月と同じメンバーによるカルテットでも演奏させていただきました。
付き合ってくださった3人にこの場を借りて深く感謝申し上げます。

ジャンジャンの四重奏曲、5年ほど前にアレーズサクソフォンアンサンブルの演奏会で一度やったのですが、あのときより断然良かった…全く練習してないのに、なぜだ!?
フレーズの取り方や音色、自分自身があの頃より成長しているのを実感します。

レッスン通い続けてよかった。

レッスンに通い出したのは30過ぎてからです。
一言で言うと、上手い人のふりをするのに疲れたから。
綺麗なスケールを吹きたい、シンプルなフレーズを音楽的に演奏出来るようになりたい、そう思って門を叩きました。
最初の先生、めちゃくちゃ怖いので有名だったからすごい勇気が要りましたよ?!

いま2人目の先生について、トータルで12.3年くらい?
そんなに通ってこんなもんか、なんて言われるとグーの音も出ませんけど。



大阪に4日間滞在しましたがスマホに飲んでるときの画像がほとんど残っていない。
まじめに過ごしていた証拠ですね




今回の最大の目的は、5月6日にあった門下発表会でした。


@兵庫県尼崎市・ピッコロシアター小ホール


過去3回出演して、これまでは技術的には困難の少ない曲を意図的に選んでいたのですが、今回はクラシックのサクソフォンを学ぶ者にとってひとつの目標ともいえる(?)デザンクロのPCFに挑戦しました。






聴くに堪えないと犬も申しております







…ちょっと甘かったですね、準備というか心構えが。

まだ早かったです orz=3


これからですとも!まだまだ進化できるはず。

カルテットで演奏したジャンジャンを聴いて、そう確信したのでした。

次は6月のサクソフォン交流会!

ペコっと合わせて来ました(≧∇≦)とかではない、ばっちりカルテットで臨みたいですね!


2014.05.15 Thu l 音楽活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
もしかしてだけど、音楽家志望でレッスン受けに上京を繰り返す学生さんを除けば、1年のうちに楽器を持って飛行機移動する回数がアマチュアのなかでも相当な変態クラスなのではなかろうか、わたくしって


(羽田から関空に向かう機内で、あっ富士山や!写真撮らな、はよ、はよ、電源はよー…iPhone起動遅ぇー、あーぁ間に合わず


機内持ち込み出来たらそれに越したことはないけれど、現状では難しく、観念してカウンターにて預けることにしております。
(学生の頃は機内に持ち込みしてました)
機内に持ち込むためには別料金一万円を払わないといけないんでしたっけ?

申し出れば緩衝材が敷き詰められた専用の箱を無料で提供してくださるのですが

「 中身は楽器です、壊れものです」

そう申告すると、取り扱いには十分気をつけますが…と言いつつ、万が一の損傷の場合でも責任を問わないという紙にサインさせられ、そのまま他の手荷物同様の扱いで機内に運ばれて行きます。

「非常に高価で壊れやすいものなので専用の箱に入れて丁寧に扱ってください!」

単純にそう言えればいいんですけどね…この奥ゆかしい性格が邪魔を…
混雑する手荷物受付所を見れば、私ごときの楽器でお手間を取らせては…と、ついつい遠慮してしまいます。

考えてみたら、中身の楽器は150万以上しますからもっと強気でもいいのかしら。
少なくとも、手渡し希望で、くらいは面倒臭がらずに言いましょうかね。

目的地到着後、手荷物受け取りの回転台前で待っていると、コンベアが動き出す前に先駆けて係員から丁寧に手渡しで渡される場合も稀にありますが、大抵は他の乗客の皆様と同じように回転台に乗って出てきます。


時には上下逆さまで出てきて深いショックを受けたりもするのです。



関空の荷物受け取りには驚きました。
下層部からコンベアで上がってきて、噴出口からズボッっと飛び出てガタッゴトッガシャッと凄い音出して回転台に落ちてくる仕組みでした。
落ちてくる処に係員の人がいましたけど、あれは勢いでテーブルの外に荷物が落ちないように介添えしているだけでした。

この前初めて伊丹空港で「このケースには上下は有りますか?どちらを上にという指定は有りますか? 」と聞いてくれたANAのお姉様は良かったなぁ。



それからX線検査で
「この中に液体の入った小瓶が見えますが、これは楽器に使う潤滑油などでしょうか?はい、それなら大丈夫です。」
って、質問と解答を一緒に言ってくださいました。
もはや独り言乙!

これを「いえ、タンポの汚れとベタつきを解消して表面を優しくトリートメントする効果のある不思議な液体で…」なんて言うものなら『ちょっとこちらに』となりますので潤滑油でオッケーですw。


だらだらと打ち込んでまいりましたが

最近主流の中・小型ジェット機の場合、サックスは機内持ち込みできないのですよ。

まれにSNSで、[検査員の目をごまかして]、[頼み込んで]、機内に持ち込んだなんてことを言ってる人がいますけど、これってどうなんでしょう、裁量の範囲なんでしょうか。



でっかい荷物を持って機内に入ってくる人をみると『手荷物預けて乗ればいいのに迷惑な人だ』といつも思うのですけど


昭和の日の夕方、少しだけ自転車乗りました。




2014.04.30 Wed l 音楽活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top



昨年に引き続き、高松のダッパーさんが主催するサクソフォンコンサートに参加するべく、今年初めて練習に参加してきました。

ほぼ日帰りの強行軍、疲れました。

いろいろ課題満載です。

練習後、有名な一鶴で骨付鶏!





2012.07.30 Mon l 音楽活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。